第24回定期公演 歌劇『メリー・ウィドウ』全2幕
弘前市民会館創立30周年記念協賛
作曲/フランツ・レハール
台本/ヴィクトール・レオン/レオ・シュタイン

指揮:虎谷 順一

演出:平尾 力哉

美術:大田  創

 当会の美脚美女(?)達が脚線美を披露、オペレッタもノリノリの3作目
<音楽文化の創造39(直美・記)>

弘前オペラ男声勢揃い
       
 オケピットから
・・・・コントラバス?
 弘前オペラ女声勢揃〜〜〜〜い    
     
2代目会長対4代目会長
   
柔軟体操&ダイエットで着れた衣裳  若さで踊りました(東北女子大)
 <小野  孝君  あまりに大きな喪失>

 弘前オペラのテノールとして活躍してきた小野 孝君が、昨年の「フィガロの結婚」公演後
  の10月20日、大型トラックに追突されるという、不慮の事故で急逝いたしました。彼を失った 悲しみは大きく、また、今年の公演にあたっても、地道に大きな実力をつけてきた彼の存在の重要性を、今更ながらに痛感させられています。オペラを、特にオペレッタを愛した彼のためにも、今回の公演を充実したものとしたいと努力してまいりました。
 <第24回公演プログラム・弘前>
お世話になりました
≪弘前オペラ30周年記念誌・2001/3/31発行≫より

 私が初めてオペラと出会ったのは、中学生の時の『蝶々夫人』でした。蝶々さんが真っ赤な照明の中で自害する場面がとても印象的でした。また、オーケストラが舞台の下の方で演奏していたのにも驚いたのを覚えています。
 東北女子大学に入学し、大学の合唱団に入り山崎祥子先生の下で、仲間と作るハーモニーの素晴らしさを知りました。それまでは、伴奏をしていれば良かった事もあってか、人前で歌うことに抵抗を感じていましたが、教師を目指す私は、それではいけないと思い、合唱の世界に             
この場面かな?
飛び込んだのでした。大学3年の時、大学の合唱仲間と共に『メリー・ウィドウ』に出演することになりました。それもあのカンカン娘です。股関節を柔らかくするための柔軟体操をしました。ダンスは、鎌田先生が一緒に汗を流しながら指導してくださいました。夏頃から、衣装に自分たちの体が入るようにと、ダイエットを心掛け、そのかいあって、全員が素敵な衣装を身につけて舞台に立つことができました。
 翌年は『蝶々夫人』でした。普段から男勝りの私には、和服での身の振る舞いはとても難しかったです。ヘアーの小野先生の指示で、三日間髪を洗わないで髪を結ってもらったことも、今となっては楽しい思い出です。
 オペラでは、懐かしい先生方や様々な業種の方々とも接します。公演本番、観客に姿を見せることのない人が大勢いることに気づかされます。その人達と共に舞台を支えているという充実感がとても嬉しく思います。私のように、たくさんの思い出を持った人達が弘前にも他県にも、30年分いると思います。
 これからも、オペラ合唱団員として、微力ながら弘前オペラを支えていきたいと思います。
                                                              弘前オペラ合唱団  清野 真希子
  写真をクリックすると大きくなります   

 ヘアメイク
スタッフ

美脚メンバー
で〜す